» 耐久性のブログ記事

自然素材の家の耐久性は高いのか、低いのか?

投稿日:2017年01月11日 作成者:


自然素材の家というと、何か特別のもののように
感じている方もいますが、

昔は、自然素材の家しかなかったわけだし、
それで耐久性にも問題が無かった訳です。

しかし、住宅の気密性が高くなり、
住まい方も変わりました。

その結果、自然素材の家の耐久性に変化はあったのか?
少し解説してみたいと思います。

自然素材の家の耐久性といっても、表面の話

自然素材の家

長崎県西海市で、自然素材を使った気持ちいい家を建てる
川本建設の川本雅彦です。

構造も、内装も全部自然素材の家にしたいといっても、
予算の問題もあるので、

どこまで自然素材を採用するかは、考え物です。

構造材で言えば、集成材は嫌だから、
無垢材にしたいという場合があると思います。

また、無垢の構造材でも、柱や梁といった材料の太さや、
樹種や、品質といったことで、

耐久性も変わってきます。

集成材は、木材を接着剤で貼り合せていますので、
接着剤の耐久性に不安を持つということがあると思います。

確かに50年後、100年後にどうなるか、
誰も分かりません。

その点、無垢なら、何百年もの耐久性があることが証明されています。
といっても、個人住宅の場合であれば、

数百年の耐久性を必要とする訳ではありませんので、
集成材と無垢との耐久性の違いを、

それほど気にする必要はないと思います。

もし、どうしても気になる場合は、無垢材にすれば
いいと思います。

但し、無垢材は、産地や等級によって、
品質にばらつきがありますから、

信頼できるプロの意見を聞いた方がいいと思います。
どちらにしても、20年、30年という期間においては、

さほどの問題は起きません。

耐久性を気にした方がいいのは、内装材だと思います。

無垢材と、合板フローリングの耐久性は?

普通の家の床材と言えば、
合板フローリングと相場が決まっています。

しかし、合板フローリングは、合板の表面に、
突板と呼ばれる薄い板を貼ったものです。

耐久性ということで言えば、無垢材には、
遠く及びません。

水にも日光にも弱いので、
窓の結露水に触れるだけで、表面が剥がれてきますし、
紫外線の影響で、色があせてきます。

常に紫外線にさらされる縁側を見ると一目瞭然ですが、
合板フローリングが貼られた縁側は、

色があせて、はじの方からめくれている場合があります。

それに対して、無垢材フローリングは、
色あせることもないし、剥がれてくることがありません。

耐久性という点においては、
合板フローリングの何倍も高いと言えます。

壁、天井も、自然素材の方が耐久性は高い

自然素材の家にするなら、壁・天井の仕上げ材も、
内装は、塗り壁とか、自然素材の壁紙にしたい。

耐久性に関しては、普通に使われる
ビニールクロスの3倍も5倍も高いと言えます。

というのも、ビニールクロスの場合は、
3年、5年で端の方から剥がれてくるのに対して、

塗り壁は、30年、50年単位で使われるし、
自然素材の壁紙も、20年、30年単位で使えるからです。

但し、自然素材の家の耐久性を考えると同時に、
自分に問いかけないとならないことがあります。

それは、経年変化を美しいと思えるかどうかです

自然素材の家は、耐久性は高いです。
そして、月日の経過と共に、美しく変化して行きます。

無垢材のフローリングは、いつしか飴色に変わり、
家族と過ごしてきた「歴史」を刻み、

多少のキズも付いて行きます。

しかし、そのキズも味わいとなって、美しい。

しかし、それを「味」と思えたり、「美しい」と思える
感性がない人にとっては、

キズは傷だし、飴色に変わることによって、
イメージが変わって、好みに合わなくなるかも知れません。

しかし、最初のときだけ綺麗な合板フローリングなんて、
私は、なんの魅力もないと思っています。

要は価値観の問題、でも住まい方で耐久性も変わる

自然素材の家の魅力の1つは、調湿性にあります。
といっても、調湿性を発揮するのは、

内装材ですから、内装に何を使うかによって、
調湿性能は変わります。

それに、自然素材は調湿性があるからといっても、
「限界」がありますので、

適度に「換気」して、湿気を追い出さないと、
「効果」を発揮してくれません。

それを理解した上であれば、自然素材の家は、
気持ちいいのです。

いかがでしょうか?

自然素材の家は、耐久性が高いのかどうか?
もちろん結論は、耐久性が高いです。

しかし、構造材にまでこだわり過ぎなくて、いいと思います。
まずは、内装材を自然素材にし、

予算が許すようなら、構造材にまでこだわればいいと思います。

川本建設は、自然素材を多用した気持ちいい家を
得意とする建築会社です。

資料をご請求頂いても、電話を掛けたり、強い売込みを
するといったことは、一切ありません。

というよりも、少人数で営業している地域密着の
工務店ですから、腕に自信はあっても、
売り込むことは得意ではありません。

安心して資料をご請求ください。

無料の資料請求はこちら

カテゴリー: 自然素材の家 耐久性 | タグ: , | 自然素材の家の耐久性は高いのか、低いのか? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0959-27-1846 受付時間:平日8:00~18:00(定休日:日曜日)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

川本建設社長。西海市を中心に自然素材を使った体と心にやさしく、とっても気持ちのいい家を作っています。正しい家づくりと正しい暮らし方をお伝えしています。

投稿者別

Calendar

2019年10月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook(川本 雅彦)

最近の投稿

カテゴリー